洗顔料の「弱酸性」の言葉に惑わされるな!


実は美肌を保つためには洗顔料の選び方というのも大切になります。
結構化粧水などには気を遣っていても洗顔料にはこだわっていないという人も多くいますが、
はたしてそれで大丈夫ですか?洗顔料だって肌に触れるものですから、きちんと自分にあったものを選ばなくてはなりません。

よく「弱酸性」という言葉を耳にしますよね。
洗顔料にも「弱酸性だから肌にやさしい」なんていうフレーズがついていたりします。
でもそれに惑わされてはいけません。

肌にはもともと、アルカリ性の刺激を受けても自力で酸性に戻す力というのが備わっています。
だから洗顔料に弱酸性のものを使ってもあまり大差はないんです。
それどころか、弱酸性の洗顔料というのは弱アルカリ性のものにくらべて油分や保湿剤が多く入っています。
ですから、人によってはその油分や保湿剤がニキビの原因になってしまうこともあります。

脂性肌の人は、余計な油分というのは天敵ですから適していないというのがよくわかります。
逆に乾燥肌の人は弱アルカリ性のものを突然使ってしまうと肌が悲鳴をあげます。
さらに悪化してしまう可能性もありますから、弱酸性のものを使いながら様子を見て弱アルカリ性のものなどを使うようにするのがいいでしょう。

「でも、元に戻る力があるとはいえ…」と心配な方。大丈夫です。
きちんと肌が弱酸性に戻れるように、多くの化粧水は弱酸性に作られています。
だから洗顔でアルカリ性に傾いてしまっても、化粧水を塗ったときに弱酸性に戻すことができるんですよ。

ですから、弱酸性という言葉にとらわれず自分の肌に最も適した洗顔料が選べるようにしておきましょうね。