肌に「刺激」は与えるべからず!

あなたは化粧水やクリームなどを付けるときにどんなふうにしていますか?
洗顔したあと、どんなふうに顔を拭いていますか?ちょっとしたことに気を配るというのも美肌になるためには必要なことなのです。

結論から言えば「肌に必要以上に刺激を与えないこと」が美肌を保つ秘訣です。刺激というのにもいろいろありますが、この場合は「こすったりしないこと」をさします。

あなたは洗顔のとき、そのあと、化粧水などを使ったケアのとき、どんなふうにしていますか?洗うときにゴシゴシと強くこすって洗ったり、洗顔のあとタオルが強くこすったり、化粧水やクリームなどを付けるときにコットンで強くこすったり…なんてしていませんか?

これは全部NGです。
強くこするというのは肌にとって刺激となり、それが原因で肌荒れを起こしてしまうこともありますから、気をつけなくてはいけません。

ではどのようにするのが正解なのでしょうか。
まず洗顔のときは手で洗うのではなく泡で洗うようにすること、次に洗顔のあとはタオルを優しくあてるようにして水を吸い取ること、化粧水やクリームをつけるときにはコットンを使わずできるだけ手でつけるようにすること…これらを実践するだけで肌への刺激はかなり少なくなります。

こする、というのは知らず知らずにやってしまいがちなNG行動のひとつです。
美肌を保ちたいのであれば、できるだけこすったりして刺激を与えないように注意しましょう。肌というのは思うよりもデリケートなものなのです。