洗顔料の「弱酸性」の言葉に惑わされるな!

実は美肌を保つためには洗顔料の選び方というのも大切になります。
結構化粧水などには気を遣っていても洗顔料にはこだわっていないという人も多くいますが、
はたしてそれで大丈夫ですか?洗顔料だって肌に触れるものですから、きちんと自分にあったものを選ばなくてはなりません。

よく「弱酸性」という言葉を耳にしますよね。
洗顔料にも「弱酸性だから肌にやさしい」なんていうフレーズがついていたりします。
でもそれに惑わされてはいけません。

肌にはもともと、アルカリ性の刺激を受けても自力で酸性に戻す力というのが備わっています。
だから洗顔料に弱酸性のものを使ってもあまり大差はないんです。
それどころか、弱酸性の洗顔料というのは弱アルカリ性のものにくらべて油分や保湿剤が多く入っています。
ですから、人によってはその油分や保湿剤がニキビの原因になってしまうこともあります。

脂性肌の人は、余計な油分というのは天敵ですから適していないというのがよくわかります。
逆に乾燥肌の人は弱アルカリ性のものを突然使ってしまうと肌が悲鳴をあげます。
さらに悪化してしまう可能性もありますから、弱酸性のものを使いながら様子を見て弱アルカリ性のものなどを使うようにするのがいいでしょう。

「でも、元に戻る力があるとはいえ…」と心配な方。大丈夫です。
きちんと肌が弱酸性に戻れるように、多くの化粧水は弱酸性に作られています。
だから洗顔でアルカリ性に傾いてしまっても、化粧水を塗ったときに弱酸性に戻すことができるんですよ。

ですから、弱酸性という言葉にとらわれず自分の肌に最も適した洗顔料が選べるようにしておきましょうね。

肌に「刺激」は与えるべからず!

あなたは化粧水やクリームなどを付けるときにどんなふうにしていますか?
洗顔したあと、どんなふうに顔を拭いていますか?ちょっとしたことに気を配るというのも美肌になるためには必要なことなのです。

結論から言えば「肌に必要以上に刺激を与えないこと」が美肌を保つ秘訣です。刺激というのにもいろいろありますが、この場合は「こすったりしないこと」をさします。

あなたは洗顔のとき、そのあと、化粧水などを使ったケアのとき、どんなふうにしていますか?洗うときにゴシゴシと強くこすって洗ったり、洗顔のあとタオルが強くこすったり、化粧水やクリームなどを付けるときにコットンで強くこすったり…なんてしていませんか?

これは全部NGです。
強くこするというのは肌にとって刺激となり、それが原因で肌荒れを起こしてしまうこともありますから、気をつけなくてはいけません。

ではどのようにするのが正解なのでしょうか。
まず洗顔のときは手で洗うのではなく泡で洗うようにすること、次に洗顔のあとはタオルを優しくあてるようにして水を吸い取ること、化粧水やクリームをつけるときにはコットンを使わずできるだけ手でつけるようにすること…これらを実践するだけで肌への刺激はかなり少なくなります。

こする、というのは知らず知らずにやってしまいがちなNG行動のひとつです。
美肌を保ちたいのであれば、できるだけこすったりして刺激を与えないように注意しましょう。肌というのは思うよりもデリケートなものなのです。

肌のケアは「過ぎたるは及ばざるが如し」がポイント

過ぎたるは及ばざるが如し、という言葉がありますが、これは美肌を保つための秘訣にも言えることです。何事も過ぎてしまうといいことも悪いことになってしまうのです。

あなたは「過剰なケア」をしていませんか?肌によかれと思ってやっているそのケアは、実は肌にとっては負担になっている可能性があるのです。

もともと私たちの肌というのは、何もしなくても健康な状態にいられるようになっているものなのです。ある程度の刺激やダメージであれば自分で回復することができます。でも、化粧をし始めると肌の状態について不安になり、いろいろなケアをし始めて…あれもいいこれもいいといろいろなケアをやりすぎてしまって過剰ケアになっていまっているというわけです。
なってないってあなたは言えますか?

代表的な過剰ケアといえば、高濃度コスメ(肌によいと言われる成分の濃度が高いコスメ)をたくさん使っていたり、あるいは機能性ジェルという1つですべてが賄えると言われているジェルでお手入れを済ませていたり、化粧水をつけるときに過剰にパッティングしてしまっていたり…といったものです。

どうですか?心当たりはありませんか?
過剰ケアは自分では気づきにくいものです。客観的な視点から見て肌のケアを考える必要があるといえます。そして過剰ケアに気づいたらできるだけ早くにその過剰ケアをやめてあげることも大切なことです。

過剰ケアには負のスパイラルが隠れています。それに陥るとなかなか抜け出せません。
肌を思いやることは大切ですが、思いやりすぎてそれが負担にならないようにしないと美肌からは遠ざかってしまいますよ。

化粧水をつけるときのパッティングはNG!

あなたは化粧水を付けるとき、どんなふうにつけていますか?
意外と知られていないのが、化粧水の付け方です。
これを間違ってしまっている人、実は結構います。
美肌になるためには、化粧水の付け方にも気を付けないといけません。

要は、肌に刺激を与えるようなつけ方をしなければいいのです。
両手に化粧水を出して、ふんわりと肌を包み込むようにして塗布すればきちんと化粧水は浸透します。

できるだけ化粧水は両手に出して、まずは体温に近い温度にします。
次にその手で顔を包み込むようにして化粧水を浸透させます。少しずつ位置をずらしながらつけていくといいですよ。
この方法で化粧水をつけてあげれば肌への負担はほぼありません。

では間違った化粧水のつけかたとはどんなものでしょうか。

代表的なのはパッティングです。
中には100回は叩かないと化粧水が浸透しない!と思い込んでしまっている人もいますが、パッティングするのは肌には刺激にしかなりません。これが重なると赤ら顔の原因になります。

またコットンを使ってのパッティングはもっと危険です。
コットンは肌に無数の傷をつけてしまいます。これでパッティングをするとシミの原因になることさえあるのです。

化粧水の付け方一つであなたの肌が美肌になるかどうかが決まるのです。
日々のケアの際、化粧水をつけるときには「いつも守ってくれてありがとう。お疲れ様」という気持ちでつけてみてください。気持ちから入ると自然とつけかたもそうなるものですよ。

ビタミンCとビタミンEを摂取すること

美肌を保つためにはビタミンやミネラルをたくさん摂取することが大切になります。
特にその中でも不可欠なのはビタミンCとビタミンEです。なぜこのふたつが不可欠なのでしょうか。

まずビタミンCについてはコラーゲンの生成には欠かせないビタミンだから、というのが一番でしょう。逆に言うとビタミンCが不足していると肌はうまくコラーゲンを生成することができませんから、どんどん荒れた肌になっていってしまうのです。

できれば食事で内側から補給するとともに、ビタミンC誘導体と呼ばれるものが配合されている美白化粧品を一緒に使うようにしましょう。そうすると内側と外側、両方からビタミンCが摂取できるため、とても効率よくコラーゲンを生成することができるようになります。

次にビタミンEです。
ビタミンEは強い抗酸化作用があることで有名なビタミンです。
悪さをすることでよく知られた活性酸素はやはり肌にも悪影響を及ぼします。この活性酸素のはたらきを抑制してくれるのがビタミンEなのです。

これを摂取しておくことによって、肌にある活性酸素が抑制されてシミやそばかすなどが発生するのも抑制することができるのです。ビタミンEは主にごまに入っていることで有名ですね。すりごまにしたり、あるいはごま油から摂取するのもいいですし、ビタミンEとセサミンなどが一緒になっているサプリメントを飲むようにするのもいい方法でしょう。

このふたつのビタミンをできるだけ摂取するように心がけるだけでも肌は美しくなります。日々のケアに+αでこれらのビタミンを取り入れてみてください。

<ちなみに>
酵素を摂るのもとても大事なことです。
ビタミンは補酵素とも呼ばれ、酵素の働きを補助することで様々な役割を果たすのです。
個人的には「新谷酵素が一番おすすめ!!」です。